2018年10月21日

H30年10月7日 OBラン参加報告

(文責S43近藤/関東支部副支部長)
10月6日の静岡県伊豆の国市の伊豆長岡温泉「創作料理の湯宿 あずまや」でのOB総会に引続き、翌日7日にOBランが、宿舎から修善寺の先の旭滝までの狩野川粗沿いに往復のコースで行われました。OBランの詳細は、OB会ホームぺ−ジ(本部ページ)などに別途に報告されますから、関東支部に関係した部分だけ報告させて頂きます。
関東支部からの出席者は、実務を担当のS42米田支部長、S43近藤、S47田中茂、 S48細川、そして静岡県以東の支部員(自称の協力支部員の方を含め)からS48森、S55石田、S57桜井、H13村瀬(OB会本部監査役)の皆さん、並びにOBラン実行部隊の関東支部関係の方を合わせると20名にもなりました。
この日の事前の天気予報では、台風25号が接近で悪天候が予想されていましたが、実際には台風がうまく西にそれ、快晴の一日となりました。OBラン実行部隊の日ごろの行いのよさが現れたものと思われます。
まず全員が数班に分かれ、各班毎の行動となりました。私(近藤)は2班でしたが、石田さんと同じ班となり、小河副幹事長も同じ班であったので、何かあっても(走れなくなっても)、ヘルプを求めることがあまり気ににせずできるかと気楽になりました。
コースは、出発してすぐに、世界遺産「韮山反射炉」を見学しましたが、ここで私のレンタサイクルが突然のパンクのハプニング発生。まさにヘルプの状況でしたが、急遽、ヘルプ部隊の機転でレンタサイクルを交換して、OBランを継続できました。感謝感謝。
その後は狩野川沿いにほぼサイクリングコースを南下、伊豆半島を山に向かってゆるいのぼりで、時々川を吹きぬける強い向かい風がありましたが、ほぼ楽勝の雰囲気で進むことができました。
しかし、目的地の「旭滝」手前からややきついのぼり、特に旭滝の直前はかなりきついのぼり。楽勝と思って進んでいても、かなり体には負担が掛かっていたのか、あと一息の登りがよろよろでしか進めなくなり、もうだめかと思ったところで、目的地の「旭滝」到着。なんとか走りきることができました。(写真は旭滝での関東支部関係の皆さん、実行部隊の方で写っていない方もいます)
「旭滝」は宿舎の人もよく知っておらず、水量は多くはありませんが、けっこう長い滝で、やや穴場的ですてきなところでした。実行部隊はよく見つけたと思います。
帰りは、ほぼ全コース下り、おまけに追い風ということで、行きにきつかった旭滝付近も快適に下りを重力の法則に従って楽しむことができました。
昼食を宿舎近くの公園でとり、今回の実行部隊長、来年に予定される実行部隊長が「いのこ」なるもので血祭りに挙げられるのを楽しませて頂いた後、宿舎にて解散となりました。
今回のOBランでは、天候にも恵まれ、パンクというハプニングにもてきぱきと対応して頂き、大きなトラブル無く行事を終了できたことは、ひとえに川邊実行委員長をはじめとした実行部隊の周到なる計画と準備対応のたまものと、感謝申し上げます。
関東支部の年寄りからは、これなら、連休に開催されるなら、また参加することもできるとか勝手な感想も聞かれました。
                 以   上
 
DSC00494A.JPG
posted by hp-kanto-oucc-ob at 00:13| 活動報告